ホーム>院長のひとりごと>頭痛、肩こり、肩甲骨内縁痛、腰痛、下肢痛で来院しました。
院長のひとりごと

頭痛、肩こり、肩甲骨内縁痛、腰痛、下肢痛で来院しました。

この人は46歳の女性で洋装店ブティックの店員さんをしている人です。午前10時から午後7時までの長時間にわたり仕事をしている為に、ストレスと疲労

の蓄積により、頭痛、肩こり、肩甲骨内縁痛、腰痛、下肢痛で来院しました。まず初めに気功をして、身体の緊張を取り去り、気血の流れを良好にしてから、足首の関節のズレを矯正整体して、下肢の指圧をしてコリと痛み取り去る。股関節のコリと痛みを取り去る。この部位は腸腰筋の緊張を緩める大変重要な治療ポイントです。更に腹部の指圧も、この腸腰筋の緊張を緩める為のものです。これにより骨盤のズレと腰椎をはじめ脊椎全体、頚椎まで緊張が緩みます。手首の関節のズレを矯正整体して、上肢の指圧をしてコリと痛みを取り去る。腹臥位にして、肩、肩甲間部、背中、腰、臀部、大腿後側、膝裏、ふくらはぎ、足裏を丁寧に指圧してコリと痛みを取り去る。臀部の股関節の周りのコリと痛み取り去り、下肢の屈曲と伸展をして骨盤調整と脚の長短を揃える。肩、首筋、頭の付け根を丁寧に指圧をしてコリと痛みを取り去る。腰椎の矯正整体、背中の引き上げ整体をして治療は終了しました。頭痛、肩こり、肩甲骨内縁痛、腰痛、下肢痛のコリと痛みは取れて無くなり、楽になって気分爽快でお帰り頂きました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenko-dou.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/171

ページ上部へ